タグ「北極圏」が付けられているもの

北極圏ドライブ最終日

この日はコールドフットからフェアバンクスまでのドライブ。少し遅めの午前10時の出発です。
連日の長時間ドライブで後部座席の新人ガイドさんたちはウトウト。。。たけなべ も助手席でウトウト。。。運転しないで乗っているだけでも疲れるのに、4日間連続で10時間以上も運転してくださるドライバーさんには、いくら感謝してもし過ぎることはありません。

コールドフットを出発して1時間ほどで北極圏を脱出。さらに30分ほどでフィンガーマウンテンまで戻ってきました。
t07030501.jpg
この日も好天に恵まれて快適なドライブ。風も無く、程よい「暖かさ」の中で写真を撮影したり、食事(もちろん車内で)をしたり...。
食事を終えた後も晴天の中をドライブ。「このへんで車を停めてもらったな~」と最初に訪問したときの「臨時停車」を思い出し、妙な感慨にひたりながら、車窓の景色を眺めたりしていました。

t07030502.jpg
午後1時前にはユーコン川に到着、樹氷地帯をのんびりと散策して、エリオットハイウェイとの合流点に到着。4日間走り続けたダルトンハイウェイも、ついに終了。なんとも言えない達成感と共に寂しさもこみ上げてきます。

エリオット・ハイウェイに戻ると完全な舗装道路。日本に比べると凹凸が多い道路なのですが、ダルトンハイウェイの車の揺れに比べると平穏そのもの。
快晴の青空と力強い春の日差しを浴びながらのドライブは、「ハワイ島の道を走っているみたい」というドライバーさんの表現がピッタリです。窓を開けると気温はマイナス20度ですけどね。。

しばらく走っていると、対向車がヘッドライトをパッシング。「何事?」と思っていると、道端に子連れのムースを発見!大きくなると体重800kg。アラスカではムースとの交通事故で死者が出るといいますから、注意を促してくれていたみたいです。車を停車してしばし観察。ガードレール1枚はさんだ目の前(距離にして5メートル無いくらい)でムースの親子が小枝をむさぼっています。こんなに近くでムースを見れるなんて大感動。。。
写真を撮ろうとカメラを構えると、母親のムースが危険と思ったのか森の中に姿を消してしまいました。あっという間だったので、残念ながらシャッターは切れず。驚かしてゴメンナサイ。。。

午後4時前にフェアバンクス郊外のFoxまで戻ってきました。ここまで戻ってくると見慣れた風景です。ペットボトルに湧き水を汲んだ後、パイプラインのビジターセンターへ。4日間、イヤというほど見続けたパイプラインともここでお別れです。
パイプラインとの別れを惜しみつつ、フェアバンクス市内へ。フェアバンクスが近づくにつれて交通量も増えていき、間断なく対向車が向かってきます。道路の車線も増えて6車線、久々に見る信号機にもチョット感動。フェアバンクスって、大都会だったっんですね。。。
午後4時30分にホテルへ到着。4日間、楽しい旅を演出してくださったドライバーさんと新人ガイドさんにお礼を言い、再会を約束しつつ笑顔でお別れです。

また、ご一緒しましょうね~!

北極圏のオーロラ

ということで、再び仮眠をとって午後10時過ぎに起床。
今度は鍵に気をつけてオーロラ・ハンティングに出発。ワイズマンまで車を走らせたのですが、オーロラの気配は感じられず。
オーロラ出現までまだ時間がありそうということで、ダルトンハイウェイを更に北上してSukakpak Mtn.手前の駐車場まで行き、オーロラを待ちます。
ここまで来ると人工的な光が一切無く、満点の星空が拡がっています。こんなにたくさんの星は初めて見たというくらい。山の稜線が星影で浮かび上がるというのは初めての経験です。
星の数が多すぎて、星座を見つけるのも大変。北斗七星と昴は見つけましたが、北極星やカシオペアは「あれだっけ!?」という感じです。

t07030404.jpg

しばらくすると、微かにオーロラが出現。Sukakpak Mtn.の山肌を照らします。ただ、シルエットを浮かび上がらせるというほど明るくはならず......。1時間近く粘ったのですが、明るいオーロラは出現せず。
オーロラ予報もあまり良くなかったし、明日も長いドライブになることを考えて引き返すことに。

北極圏でのオーロラ写真を撮りたければ、またいらっしゃいというオーロラの女神のお達しかもしれません。

写真コンテスト

デッドホースの街を後にし、ダルトンハイウェイを南下し始めると、あたりは真っ白。今日は雲が拡がっていて空と地上の境目が判りません。白一色の風景に引かれた1本の直線を目標に車は走っていきます。ガイドのMちゃんが携帯電話で(デッドホースは携帯電話が通じるのです)確認すると天気予報も良くないようです。今日は地吹雪体験ツアーになるかも。。。

ところがデッドホースを出発して1時間ぐらい経過して、夜が明け始めるにつれて雲間が見えてきます。どうやら曇っていたのではなく、アイスフォッグだったようです。

うっすらと顔を出した太陽のエネルギーを吸収して白い雪原が赤く染まっていきます。
美しい...。Sag River Overlookの手前で車を止めてもらい、無心でシャッターを切ります。昨日の朝焼けも素晴らしかったのですが、今朝の朝焼けは人生で一番の素晴らしい朝焼けかもしれません。
t07030402.jpg
幻想的な風景にしばらくウットリしていると、手の指と耳の痛みに気付きました。そういえば手袋も帽子も身につけていませんでした。気温はマイナス30度以下、風も吹いていたので体感気温はおそらくマイナス35度以下。防寒着を着込んでいて体が温かいので、手や頭へのケアを忘れてしまいました。
でもホント、防寒対策を忘れてしまうくらい、感動的な朝焼けでした。

10分ほど走ると雲ひとつ無い青空!今日も好天に恵まれ快適なドライブとなりそうです。地吹雪の悪天候ドライブが体験できないのは少し心残りですが、安全が最優先ですから良しとしましょう。
帰り道は方向が逆になるとはいえ、昨日に走った道ですから、目新しさは今ひとつ。「そろそろポンプステーション」、「そろそろトラックに撥ねられたカリブーの死骸があったよね...」。なんて感じです。。。動物といえば、遠くのほうにカリブーが居るだけ...。「昨日も居たよね......」。懸命になってみんなでジャコウウシを探すのですが見当たらず。

何か楽しいイベントをということで、写真家としても名を馳せているKさん(ちなみにKさんの撮影したオーロラの写真は、アラスカ大学博物館で展示・販売されているほどです)を審査員にMちゃん、Yちゃんと、たけなべの3人で写真のコンペをすることになりました。
カリブーやライチョウを見つけるたびに車を停め、Atigun Passの登り降りで何度か停車して、その度に各人が選んだベストショットをKさんに見せ、最優秀賞を選びます。
t07030403.jpg
結果は......たけなべの完敗です。Mちゃんも、Yちゃんもセンスが良くって、下手な鉄砲を数撃って当てるが身上の自分では太刀打ちできませんでした。。。

Atigun Passを越えてブルックス山脈の南側に戻ってくると、視界には久々に「木」が飛び込んできます。往路と同じ景色なのですが、つい1時間前まで何も無い真っ白な雪原に居たためか、何の変哲も無いスプルースの森にも圧倒的な生命のエネルギーを感じます。
ブルックス山脈の南側に戻っても快晴の空。春の日差しが差し込む車内はポカポカ陽気で心地よい眠気を誘います。新人ガイドさん2人も暖かい車内でウトウト...。たけなべは、ドライバー・Kさんから写真撮影の個人レッスン。晴れた日中の写真には雲をアクセントとして使うとか、「なるほど」と参考になるアドバイスを頂けました。

ブルックス山脈越え

休憩を終えると車は急激な坂道を登り始めます。いよいよ峠越えが始まるというワクワク感。

が、坂を上り切ったところで車は停車。目の前には朝日に輝く広大な雪原が広がっています!
ドライバーさんを除く3人は初めて見る景色。一斉に「すごーい!きれーい!!」と思わず歓声をあげてしまいました。

t07030302.jpg
このドライブの中でも最も幻想的な風景のひとつでした。

Chandaler Shelfで雪原をバックに記念撮影をした後、10分ほど氷河谷を走るといよいよAtigun Passに差し掛かります。
ここは雪崩の名所らしく、パイプラインも雪崩の被害を受けないようにと地下に埋められているのだとか。ドライバーさんから「雪崩に巻き込まれたらおしまいです。何か言い残すことがあったら今のうちに...」とのこと。思わず「お父さん、お母さん、先立つ不幸をお許しください......」と言ってしまいました。
いやホント、雪崩に巻き込まれたらおしまいです。山側はいつ雪崩がおきてもおかしくないくらいの積雪ですし、谷側は落ちたら命が無いくらいの絶壁。しかもガードレールは雪崩を受けて、そこかしこで湾曲しています。

雪崩れの危険地帯を抜け、10分ほどで峠の頂上に到着。雪崩に巻き込まれず一安心。と思っていたら、引き続き下りも雪崩の心配をしつつ、山肌の道を下っていきます。しばらくして路肩にパイプラインが顔を出しました。パイプラインが顔を出したということは、雪崩に巻き込まれる危険も無くなったということ。Atigun Passを無事通過です。

あとはひたすら北を目指して一直線。何の変化も無い白一色の世界が続くかと覚悟していたのですが、そんなことはありませんでした。
白一色の世界を蛇行するパイプラインとハイウェイ、太陽と雲と白銀の大地が織りなす白と黒と青のコントラスト、時折道端に顔を出してくる動物たち、新鮮で感動的な光景が続いて飽きることはありません。
人工物といえばハイウェイとパイプライン、所々に点在するポンプステーションなどパイプラインの関連施設くらい。デッドホースが近づくと、パイプラインも見えなくなり、道路はほとんど無く一直線。360度見回しても丘一つ無くて、人工的な建造物はハイウェイのみという場所があったり。

いやほんと、すごいところまで来ちゃいました。

早起きは三文の得

「午後になるほど天候が不安定になるので、出発は朝早いほうが良い」というドライバーさんのアドバイスもあり、午前8時にはコールドフットを出発。

午前4時までオーロラ観測をしていたので少し眠いです。自分で運転するわけではないので、眠くなったら寝ててよいのですが、周りの景色がそれを許してくれません。早起きは三文の得とは、よくいったものです。

プロの写真家でもあるドライバーのKさん曰く「日中の写真は普通の観光でも撮れる。プロは朝焼けや夕焼けの風景を狙う」のだとか。うーん、納得。

t07030301.jpg

30分ほど走ると、ガイドブック「The Dalton Highway」にもView Pointと記されていたSukakpak Mtn.が見えてきました。
この山は南側と北側では山容が一変するらしく、両方で車を停めて写真撮影。確かに南側から見ると「ツチノコ」、北から見ると3つのピークが重なって「M字」に見えます。うーん不思議。

その後も北上を続け、コールドフットから1時間30分ほどで「最北の木」に到着。この木がダルトンハイウェイ沿いにある「最北の木」らしいのですが、根元が心無い人に傷つけられていました。葉っぱも茶色に変色して枯れかかっています。「最北の木」に選ばれてしまったばかりに、ひどい目に遭わされてしまっているのが可愛そう...。

しかも数10メートル北側には小さめのスプルースが...。あちらが「最北の木」になるのも時間の問題かもしれません。

「最北の木」の傍には「最北のトイレ」も。ここでしばしのトイレ休憩。
前回のダルトンハイウェイではトイレがガマンできず、臨時停車してもらいましたが、今回はちゃんとトイレで用を足すことができて一安心。

未知の"北極圏"へ

午後4時(DSTの1時間を差し引いても午後3時)には、Arctic Circle Signに到着。前回は午後5時頃の到着で辺りはすでに真っ暗でしたが、今回は真昼間を思わせる明るさです。

北極圏を示す看板の前でお決まりの(?)記念撮影を終えたのち、いよいよ北極圏に突入です。ここからは本当に未知の世界!
夏は白夜、冬は極夜という世界。植生も急激に変化するのかと思いきや、特に大きな変化は無くスプルースの森が続きます。。

Gobblers Knobの展望台あたりから周囲の風景は徐々に変化。
ダルトンハイウェイも氷河に削られたU字谷の底を北に向けて一直線に伸びています。「ダルトンハイウェイらしくなってきた」とはドライバーのKさん談。
t07030204.jpg

パイプラインと交錯しながら走るハイウェイの両側にはブルックス山脈の山並みが迫り、このあたりから周囲の風景は徐々に変化。

心なしかスプルースの木も低くなり始め、森も途切れ途切れになってきました。

そうこうしているうちに今日の目的地「コールドフット」に到着。フェアバンクスを出発して約7時間のドライブでした。

同じ場所でも異なる風景

ダルトンハイウェイに入って少し走ったところで車を停めて車内でランチ。
この日のメニューは、ガイドのMちゃん、Yちゃんお手製のおにぎりとフルーツでした。前回のオーロラツアーでも、おにぎりのお弁当でしたが、アラスカ、しかもダルトンハイウェイで食べるおにぎりは最高!さらに缶詰じゃないフルーツが食べられるなんて!アラスカでは、大変ぜいたくな食事です。

北極圏までのダルトンハイウェイは、初めてアラスカを訪問した際のオーロラツアーでも通ったことのある道になります。
前回も記念撮影をしたポイントで停車し、ユーコン川の手前で樹氷を見て、ユーコン川を渡ったところでトイレ休憩、フィンガーマウンテンで停車し、北極圏の看板のある駐車場へ。

ただ、眼前に拡がる風景は新鮮そのもの。それもそのはず、前回は昼間がたった4時間しかないお正月の時期で、薄明に照らされた幻想的な風景。
今回は明るい太陽に照らされた白く輝く雄大な風景が目に飛び込んできます。同じ場所でも季節や時間帯が違えば、まったく異なる印象を受けるものです。

t07030203.jpg

特に印象が違ったのはフィンガーマウンテン。前回訪れた際には猛烈な地吹雪だった上に太陽も沈んで真っ暗だったため何も見えず、「えー、どこがフィンガー?」という感じでした。が、今回はまだ陽も高く、天気も良かったので絶景が味わえました。拳や指の形に似た奇岩があちこちに転がっていて、「おー。これがフィンガーマウンテンか。納得」という感じ。

プルドーベイに向けて出発

この日はいよいよ「ダルトンハイウェイ・ドライブ」に出発です。
午前10時にチェックアウトしてロビーで待っているとドライバーのKさんが到着。Kさんは現地で北極圏ドライブツアーを主催している会社の社長さんで、ダルトンハイウェイ・オーロラツアーで一度お世話になったことがあります。
現地ガイドさんから「Kさんを4日間も貸切りなんて、うらやましー」と言われるくらい素敵な方です。

さらにA&Pの新人ガイド、Mちゃんと、Yちゃんの2人がご同行いただけるとのこと。
旅行の手配をお願いする際、「人数が多いほうが楽しいので、現地発で同行希望の人がいらっしゃいましたら...」とお伝えしていたのですが、ガイドさんに同行いただけることになるなんて...。
すごい贅沢な旅になっちゃいました。。。

ホテルを出発した後、まずはフレッドマイヤーで買い物&燃料補給。ガソリンはモチロン満タン。
万一、遭難しても2~3日はビバークできるだけの食料を調達して、いよいよダルトンハイウェイに向けて出発です。

t07030201.jpg

道中は たけなべ を乗せた車の横を重機やパイプを満載したトレーラーがひっきりなしに追い越していきます。
「今年は車が多いね。これならプルドーベイのホテルが取れないのもよく分かる」とKさん。
やはりプルドーベイのオイル漏れの影響でしょうか...。日本でオイル漏れのニュースを聞いた時に「工事のせいで一般車両立入禁止にされないか...」と本気で心配してましたから。

t07030202.jpg

フェアバンクスを出発して約2時間。マンリー温泉への分岐を通過して、いよいよダルトンハイウェイへ!

オーロラ・ハンティング

二度の「臨時停車」で体調も少しは快方に向かい、窓の外に気を配る余裕も若干は出てきました。
車窓から眺める天空には時々緑色のカーテンが現れるのですが、「初日のブレイクほどではないし...」ということでスルー。
一緒に参加した方の「だんだん贅沢になってきますね」という発言に強く同意です。

結局、停車したのは北極圏を出発して3時間ほどたった午後10時前。
かなりいい感じのオーロラが南側に出ています。南の空に出現するオーロラを見るなんて、ダルトンハイウェイ・ツアーならでは。
参加してよかった。。。

t04120405.jpg

バスは人工の灯りがまったく見えないハイウェイを飛ばし、行きにトイレ休憩で停車したトレイルの入り口に戻ってきました。

さあ、オーロラ撮影と思って見上げた空は......一面の雲天。

t04120406.jpg

「まあ。晴れるかもしれないので、少し待ちましょう」とドライバーさんは焚き火の用意を始めます。

結局は雲が晴れることなく、焚き火を囲みながらドライバーさんの身の上話や、アラスカでの生活についての話に聞き入ったりします。アメリカ50州のうち走っていないのはミズーリだけらしく、アメリカの他の観光地の話がいろいろと伺えます。
アシスタントさんは、アラスカ大学に留学して動植物の勉強をされているとか。いろいろとアラスカの動物の話をしてくださいました。

オーロラが見えなくても楽しい時間。。。

このあと晴れ間を求めて場所を移動したのですがオーロラは見えず。
午前2時を回ったので、あきらめてホテルへの帰路へ。

ホテルに到着したのは午前3時30分すぎ。正味でいうと17時間近い長旅でした。

t04120407.jpg
バスを降りる前、参加者1人1人に北極圏渡航の証明書が配られました。証明書にはキレイなオーロラをバックに据えた北極圏の看板の写真が。この写真はドライバーさんが撮影されたもので、赤と緑のオーロラが見事に捉えられています。

いつかは、こんな写真を撮ってみたい。。。

マイナス30度のもとで...

そんな中を30分ぐらい走ったころでしょうか、バスはちょっとした広場に停車します。車から降りてみると、地吹雪も弱まっています。
そこには「Arctic Circle」と書かれた看板が!
フェアバンクスを出発して6時間、ようやく北極圏に到着です。

まだ午後5時半なのに、あたりは真っ暗。

t04120404.jpg

持参した温度計はウソかマコトかマイナス30度!防寒着を羽織っていても寒さに凍えてしまいます。記念撮影が終了したら、そそくさとバスの中へ。。。

バスの中に戻ると夕食のお弁当をいただきます。この日のメニューは、から揚げとおにぎり。
北極圏で食べるおにぎりは、かなり冷たかったのですが、格別の味がしました。

そういえば今回の旅行はレストランに行かず仕舞い。。。
食事のほうは"視察"できていません。。。

北極圏で食事を終えたあと1枚撮影。2枚目の撮影途中で電池がダメになってしまいました。

さすがにマイナス30度!


帰りはオーロラ・ハンティング。オーロラを探しながらフェアバンクスへ戻ります。
この日はドライバーさんの都合で午前3時30分までに戻らないといけないらしく「Arctic Circle」の広場も1時間ほどで出発。オーロラが出なければ、ユーコン川までは休み無しで走るとのこと。。。

......が、走り出して30分ほどで体に異変が......。
ドライバーさんに「次のトイレ休憩まで、どれくらい?」と尋ねたところ「あと1時間くらい」という返事。
耐えられそうになかったので、「臨時停車」してもらいました。しかも2回も。。。
マイナス30度でも5分くらいなら問題ないものです。。。

けど、ご一緒した皆さん、ドライバーさんには、ご迷惑をお掛けしました。。。

ダルトン・ハイウェイ

「メインイベントは帰り道なので、最初は寝ておいてください」とドライバーさんには言われましたが、フェアバンクスの街から外れると車窓に広がる白銀の世界に目を奪われてしまい、仮眠を取るどころではありません。

刻々と変化していく空の色、道路以外の人工物が何もない広大なタイガの森、どこを切り取っても幻想的な風景です。

t04120402.jpg


ダルトン・ハイウェイは、パイプラインの資材運搬とメインテナンスのために使われていると聞いていたのですが、道路からはパイプラインがなかなか見えません。
所々にゲートで遮られた側道の入り口だけが、パイプラインの存在を知らせてくれます。

ハイウェイの横にパイプラインが確認できたのはユーコン川を渡る少し手前。ほどなくしてユーコン川に架かる橋を渡ります。
この橋はテロの対象となる恐れがあるので、24時間監視されているうえ、自動車が橋の上で停車するのもご法度とか。。。

t04120403.jpg

ユーコン川を越えると、パイプラインもハイウェイから見やすい位置に出てきます。もう暗くて写真には写りませんが、ジグザグに蛇行しているのが確認できます。

白銀の世界に一直線のハイウェイと、ジグザグのパイプラインだけが存在する光景。
自然の偉大さと人間の傲慢さ、先達の偉大さを同時に感じさせる光景です。

しばらく走ってフィンガー・マウンテンという場所で再び停車。
ここには指の形をした岩がある景勝地らしいのですが、もうすでに外は真っ暗。風が強く、地吹雪状態になっているため、岩を探すような余裕はありません。

ドライバーさんがヘッドライトで照らし出してくれた先には親指を立てたような岩が。
見ようによっては、指に見えますが。。。。(^_^;)

そこから先は真っ暗な地吹雪の中を進んでいきます。ヘッドライトが照らし出すのは地表を這うような地吹雪のみで道路が見えません。こんなところで事故でも起こしたら。。。

ドライバーさんによると、かろうじて見えるポールが道路の両端を示しているのだとか。
ポールが頼りのドライブなんて。。。

1